クレジットカード現金化とはなにか

ネット等でよく見受けられるものにクレジットカード現金化があります。
一般的にお金を借りる際に利用される先としては銀行と消費者金融があり、銀行であれば収入や取引履歴、預金など条件が整うことで非常に安いレートで借入をすることが可能となります。
一方、既に借入枠が一杯で融通するのが難しい場合には困ることになり、ここで利用されているのがクレジットカード現金化と言われる方法です。
現金化では、主に2つの方法が用いられています。
1つはキャッシュバック方式があり、この方法は現金化業者への申込後にクレジットカードで業者の指定をする商品を購入します。
購入後に現金が指定口座に振込まれ、後日、購入をした商品が家に届きます。
つまり、商品を購入した人に対してキャッシュが行われることになり、例えば、10万円の商品を購入し換金率が80%であれば8万円が振り込まれます。
商品や換金率は業者によって異なり、商品は必ず受け取らなくてはなりません。
2つ目には商品買取方式があり、この方法は購入まではキャッシュバック方式と同じになります。
異なるのは届いた商品を業者に送ることがあり、郵送が確認された後に現金が指定口座に振込まれます。
商品買取方式は現金化までに時間がかかるという難点があり、現在ではキャッシュバック方式が多い傾向があります。

クレジットカード現金化でよく問われるものとして違法性に関する内容があります。
現金化の仕組みは、単純にはショッピング枠を利用してお金を得ることです。
まず、結論的には現金化は違法ではありません。
ただし、注意点があり、大きくはカード会社の規約違反と個人情報提出によるリスクの2つがあります。
カード会社ではキャッシング枠とショッピング枠を厳密に分けています。
キャッシング枠で間に合わないからといってショッピング枠を使用しての現金化は認めておらず、この場合、規約違反に抵触することになります。
最悪、カードの解約に至ることになり、既に借入をしている分に関しては一括請求が行われることを認識しておく必要があります。
リスクに関しては手続きで提出が求められる個人情報の流出があります。
また、悪質な業者の場合には広告等とは異なるレートで現金が振り込まれることがあり、仮に利用するにしても業者の信頼性が重要な要素になります。